わたしの目指す・考えるリーダーとは

実は来週、「わたしの目指す・考えるリーダーとは」というテーマで講演を頼まれています。

う~ん、なんざんしょ?誰か私に教えて下さい!(おいおい)

個人的には、患者会のリーダーを、うんと楽しめば良いと思います。少なくても、私の場合は「生きること = 活きること」なので、うんと楽しいです。常日頃からそう公言しています。

自由に描くイベント(勉強会など含)の企画・開催は、ひらめき・ときめきの連続です。職種や立場を超えた多種多用な人達との出会いは、一生の宝物です。また、既成の枠にとらわれなければ幾らでも新しい冒険にチャレンジができ、ドキドキ・ワクワクします。

難病患者の立場で、それを大変と思うか、うんと楽しむかは、自分の「心」次第です。

もちろん、患者さんやご家族の心に寄り添う立場であることは重々自覚しているし、良き心友でありたいと願っているのは言うまでもありません。

その大切な心友に、活動を通じて夢や希望を与えられるのも、リーダーの醍醐味ではないでしょうか。

ということで、絶体絶命のピンチや困難に直面することも多いけど(特に軍資金では)、それ以上に楽しいことで満ち溢れているのが、患者会のリーダーです。重い病気を患っていても、仲間と共に患者会版「トム・ソーヤの冒険」をできるのが、患者会のリーダーだと思います。

 

「誰よりも遠くへ」 トム・ソーヤの冒険・主題歌

お前なら行けるさ トム 誰よりも遠くへ   

地平線の彼方で待っている 素晴らしい冒険が   

そうさ つらい時も顔を空に向けろ 忘れた夢が見えるよ   

自由なけものみたいに走ろうぜ

おれ達の胸には トム 流れてるミシシッピー     

のんびりと陽気に元気良く おれ達も歩こうぜ   

そうさ 男の子は回り道をしても 夢の海へ着けばいい   

重たい靴など脱いで生きようぜ

 

さて、トム・ソーヤの冒険を、どうやって立派なリーダー論に仕立てましょう? ^^;

よく他人から「大木さんの世界」と言われるのですが、私の世界観はたぶん変てこりんです。

絶体絶命のピンチ、誰かトムに教えて下さい!(おいおい)

【ガンジーの名言】

物事は初めはきまって少数の人によって、ときにはただ一人で始められるものである。

最終更新日

2017.12.12

「ブログ」を更新しました

アクセスカウンター

お勧めの本

遠隔診療実践マニュアル    

 在宅医療推進のために篠原出版新社 2013/1/28) 

患者の声を聞く

 みんなで紡ぐ医療の絆篠原出版新社 2013/1/28)

リンク

一般社団法人日本遠隔医療学会

遠隔医療の学術団体

株式会社石神製作所

服薬支援装置を借りています

下記写真、クリックで拡大

プロフィール

大木里美

埼玉県に住む主婦で指定難病を患う患者です。

遠隔医療の普及を心から願い「一般社団法人埼玉県障害難病団体協議会(障難協)」及び「中枢性尿崩症(CDI)の会」と共に活動しています。

見守り機能付き服薬支援装置を使用していますが、見守りが心強く、乱れていた服薬状況も大きく改善、QOLが向上しました。

ドン臭いくせに猪突猛進の私ですが、良いご縁に恵まれ、助けて頂いています。幸せなことです。(皆さまに感謝)