私の痛みのレベル

痛みが強く、我慢の日々が続いています。

私の痛みのレベルは「クリスマスツリー」に例えると、わかりやすいかも知れません。

① 痛み無し ※現在、痛み無しの日はありません

装飾品(痛い箇所)が無い状態です。

② 軽度~中等度の痛み 

ツリー(私)のライト(痛い箇所)が点滅している状態です。この程度は楽勝です。 

③ 高度な痛み

ライトが常時点灯している状態です。自宅では寝込み、外出時は鎮痛剤使用です。

④ 極度の(激しい)痛み

ライトは常時点灯で雪(他の難病の症状)も積もり、床と一体化状態、撃沈です。

だいたい、こんな感じでしょうか。

③~④の高度~極度の痛みは、他の難病にも悪影響を及ぼし、適切に鎮痛剤やステロイド等を使用しないと最悪は命に関わるので、「たかが痛み、されど痛み」なのが怖いところですね。

今日は③でしたが、他の難病の調子が悪いので、鎮痛剤をしっかり使用しています。

最終更新日

2017.12.12

「ブログ」を更新しました

アクセスカウンター

お勧めの本

遠隔診療実践マニュアル    

 在宅医療推進のために篠原出版新社 2013/1/28) 

患者の声を聞く

 みんなで紡ぐ医療の絆篠原出版新社 2013/1/28)

リンク

一般社団法人日本遠隔医療学会

遠隔医療の学術団体

株式会社石神製作所

服薬支援装置を借りています

下記写真、クリックで拡大

プロフィール

大木里美

埼玉県に住む主婦で指定難病を患う患者です。

遠隔医療の普及を心から願い「一般社団法人埼玉県障害難病団体協議会(障難協)」及び「中枢性尿崩症(CDI)の会」と共に活動しています。

見守り機能付き服薬支援装置を使用していますが、見守りが心強く、乱れていた服薬状況も大きく改善、QOLが向上しました。

ドン臭いくせに猪突猛進の私ですが、良いご縁に恵まれ、助けて頂いています。幸せなことです。(皆さまに感謝)