高血圧

高血圧で服薬しているお薬の量が増えました。あちらの病気を立てればこちらの病気が立たずで、今後、さらに血圧が高くなる可能性があるそうです。

「その時は、(高血圧の)お薬を調整しましょう」

と、内分泌内科の担当医から言われました。

困ったことに、私は高脂血症では無いのです。体重(BMI)に関しても

「統計的に見て、いちばん病気にかかりにくい体型なので、今の体重を維持して下さい」

と、実際は病気にかかりまくりの身ですが(^^; ブラックジョーク?)、指導されたり…。

また、中枢性尿崩症のお薬の関係上“低ナトリウム”にならないよう注意が必要で、いくら高血圧であっても塩分を控えすぎることは命に関わる危険な行為です。他にも病気やお薬に関する諸注意があり、話が複雑でややこしいのです。

気持ち食事に気をつけて、気持ち塩分を控えて、気持ち身体を動かすようにして、あとは単純に高血圧のお薬が良く効くことを祈るしかないですね。(頑張って下さい、お薬さま!)

最終更新日

2017.12.12

「ブログ」を更新しました

アクセスカウンター

お勧めの本

遠隔診療実践マニュアル    

 在宅医療推進のために篠原出版新社 2013/1/28) 

患者の声を聞く

 みんなで紡ぐ医療の絆篠原出版新社 2013/1/28)

リンク

一般社団法人日本遠隔医療学会

遠隔医療の学術団体

株式会社石神製作所

服薬支援装置を借りています

下記写真、クリックで拡大

プロフィール

大木里美

埼玉県に住む主婦で指定難病を患う患者です。

遠隔医療の普及を心から願い「一般社団法人埼玉県障害難病団体協議会(障難協)」及び「中枢性尿崩症(CDI)の会」と共に活動しています。

見守り機能付き服薬支援装置を使用していますが、見守りが心強く、乱れていた服薬状況も大きく改善、QOLが向上しました。

ドン臭いくせに猪突猛進の私ですが、良いご縁に恵まれ、助けて頂いています。幸せなことです。(皆さまに感謝)